看護師

磁気治療で改善されるうつ症状|tmsは効果絶大の精神治療

うつ磁気刺激治療内容

笑顔の女性

tms治療は脳の特定の部位に磁気をあて血流を流すことで、うつ病によって低下した脳機能を取り戻すための療法です。副作用が少なく、診断の正確性からも高い治療効果が期待できます。しかし高額な費用が必要なため、一般的な治療法とはいえません。うつ病を未然に防ぐための努力は、これからも必要ということです。

詳細を確認する

うつ病の新治療

悩む女性

持病のある方は注意します

tmsは、磁気を利用した新しい治療法です。このtmsの場合、様々な病気の治療に現在使用されており、精神疾患の一つであるうつ病も対象となります。うつ病では脳に異常が現れるというのが最近の説であり、tmsはそういった症状を改善していけるとして期待が高まっている方法です。tmsは、脳に磁気的な刺激を与えることで神経伝達物質の働きを活発にします。うつ病の場合には、神経伝達物質の働きが低下していることが指摘されているため、tmsのアプローチは有効です。こういった利点の多いtmsは、持病によっては使用出来ないことがあります。例えばてんかんの既往がある場合には、発作を誘発する可能性があるため基本的にtmsは避けるべきです。このような病気を持つ方が、tmsを利用すると電気刺激によって発作が引き起こされる可能性があります。一般の方の場合には特に心配はないとされていますが、新しい治療であるだけにtmsは医師と相談の上、慎重に利用するのがベストです。事前説明などを受けて、納得して利用するようにします。tmsを導入する精神科や心療内科は増えており、治療を受けやすくなっているのが最近の状況です。tmsの治療効果には、未知数の部分が少なからずあります。ですので、他の治療と並行しながら続けていくのが良い方法です。適用出来る病気は広がりつつあり、今後も様々な研究が行なわれていくと考えられます。過剰に期待することを避け、状態を見ながら行なっていく必要があるのがtmsです。

直接刺激が与えられます

磁気を使用するtmsは、脳の前頭前野と呼ばれる部分に直接磁気的な刺激を与えられるという利点があります。通常のうつ病の治療で用いられている抗うつ剤と異なり、ダイレクトに脳に働きかけられるとして人気です。抗うつ剤の場合には、実際の効果が得られるまで長期間を要することが多いですが、tmsの刺激は速やかに脳の血流をアップさせます。こうしたことから、近頃話題になっているアプローチ法です。tmsは、現時点では慎重に行なうべき治療です。ですが、抗うつ剤による様々な副作用と比較すると遥かに楽に治療が叶うことが多いと言えます。このような点も、治療が人気を集める一つの要因です。抗うつ剤は長期間服用すると、軽視できない副作用が生じてきます。生活面でも少なからずデメリットを被ることになるため、新しい選択肢が登場したことは治療中の方にとっても大きな朗報です。飲み薬を減らしたい方の場合は、特にこの手の新しい治療は期待が持てるものになります。併用することで薬を減量出来る可能性があるため、積極的にトライする価値がある治療です。うつ病の治療は長期に渡ることが多く、心療内科や精神科でも様々なフォローを行なっています。このような診療科に新しい可能性を生じさせているのが、こういった新治療の導入です。薬に頼らない治療が出来れば、うつ病への対処法はこれまでのスタイルとは大きく変わります。治療期間がより短縮することも考えられるため、診察の円滑化をはかる上でも大きなメリットです。

新しい磁気治療

医者

tmsは意欲ややる気を司る前頭前野を磁気で刺激する治療法です。この部分の血流を良くすることで、活性化をはかります。うつ病の発症に大きく関係している扁桃体にも影響を与えるのがtmsです。治療機器の設置病院を予め調べておくことで、治療が受けやすくなります。

詳細を確認する

治療のあれこれ

女性

うつ病の治療を受ける場合には、抗うつ剤による副作用や離脱症状に注意をする必要があります。現在ではtmsと呼ばれる磁気治療が登場し、副作用を抑えて治療を受けることが可能です。tmsへの期待は今後もさらに高まっていくと予想されます。

詳細を確認する